COD:MW PKMの使い方を考える

COD:MW

GW以外の通常モードではARに喰われまくっている今作のLMGですが、そんな状況でも頑張っている武器といえるPKMについてつらつらと書いていきます。

基本性能、立ち回り

M4A1とほぼ同じのレートで3発キル射程を長めに持つのが最大の強み。ただしその力の代償というかLMGの宿命か機動性、挙動関連が素のままだと劣悪。

したがって構えきってからの待ちはとても強いが咄嗟の撃ち合いは非常に苦手で、そうした場所での遭遇から一旦引くことも難しい、強弱のはっきりした性能です。

そのためAR以上に一歩引いた立ち回りをし、曲がり角はエイムしながら入る、又は逐一ハンドガンに切り替えるといった運用が大切になります。

カスタムはLMGとして遠距離も反動制御できるように少し意識しつつ挙動関連の改善をはかるのが最優先になります。また、サブ武器にどれだけ重きを置くかでも変わってきます。

また、この武器特有のアタッチメントであるスナッチグリップが非常に強いので、是非つけましょう。

MWによくある反動制御かエイム速度の2択を無視した超性能。これ単品なら足も大して遅くなりません。

カスタム例

基本型

26.9拡張バレル、5mWレーザー、近接戦用ストック、スナッチグリップ、ステッピング加工グリップ

バレルとアンダーバレルで3発射程アップと遠距離も仕事ができるように反動を抑え、他は全て挙動面のケアをしたカスタムになります。

サブ武器をアンプ含めてしっかり活用する気があるのであれば5mWレーザーはタックレーザーにした方が良いです。タック無しでもこれだけケアしてあればエイム速度はそこまで気にはなりませんが。

これを叩き台にして色々アレンジしてもらえば嬉しいです。

対空カスタム

レート、威力、射程を全部持っているPKMならではのカスタム。今作一番対空できるのはこいつでしょう。出てきたVTOLやヘリガンを瞬殺するためだけのカスタムなので対人性能はほとんど死んでます。キルストを壊したら落ちてる武器を拾い、次ライフは元のロードアウトに戻りましょう。

前作のFMJⅡTitan枠。

コメント

タイトルとURLをコピーしました